FC2ブログ
少しでも前へっ!
足踏みのような歩幅でも、少しでも前進できればと思って、書き続けています。※リンクフリーです♪連絡いただけましたら喜んで相互させていただきます。
FC2プロフ



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ご訪問者数



☆ブログランキング☆
★参加していますっ★



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



極小の中にあふれる無限19

 エンヴィーの震えに気が付きながらフルーリーは思った。
――私の方こそ震えていたいですわ――
 何も彼女だって、エンヴィーに対する恐怖が抜けたわけでも、それどころか薄まったわけでもないのだ。
 自身でもあきれてしまいたくなるほどに無理矢理に、みっともなく、無様に、自己をあらゆる言葉と手段でもって鼓舞しながら、意識をそらせて、そんな必死さを表に出すことなくこの状況に臨み、対応していた。
 おそらく――推測の域を出てはいなかったが、フルーリーはエンヴィーが自分を本当に害するようなことは、もっとことを断定すれば、殺すようなことはないだろうと踏んでいた。
 それは先のグラトニーとエンヴィーの関係性をそっくりそのままなぞる形で、そう考えついてはいたのだが、論理だてられたからと言ってそれでトラウマが消えてしまうようであれば苦労はしないわけで。
 ただ、まったくの無意味かといえば、無論そんなことはない。
 それを思考の寄る辺にすることができる。
 係留地とでもいいのか、あるいは休息地か。
 溺れる者が掴むには、藁なんかよりもずっと信頼ができる。
 ただそうは思いながら、言い聞かせながら、それでもままならないことにフルーリーは苛立っていたし、同時にそれを口実にするようにエンヴィーへの口火を切るようなマネをしたくはなかった。
 相手の弱みに付け込むようなやり方ではなく、正々堂々と正面からエンヴィーと話をしたかったからだ。そう、対等に、だ。
 正直なところで、グラトニーに対して申し訳ないという気持ちはあった。
 けれども、フルーリーにはああいうアクションでアピールするためには、彼しかいなかったのも事実だった。そして、幸いにして彼には自分に対する負い目がある。
 それはまるであつらえたかのような、用意されていたかのような、舞台装置であり演出でもあるかのような、条件の一致だった。
 それらは自身の行為に対するもっともらしい理由にもなるし、行為でもあるし、主張にもなる。
 そう、それらはグラトニーの罪に対する罰の行使の正当性を掲げながら、グラトニーに対する執行でもあり、自身の精神に対する気付けにも似たショック療法でもあり、そのうえで自身にはグラトニーを恨むのではなく、そうさせた状況や環境、背景こそを憎む者であるという自己主張まで行うことができたのだ。
 だから彼女は手を差し伸べる。
 対等なのだと。
 やれることが違う、生まれてきた環境が違うのであれば、育ってきた環境も違う――が、それでも対等なのだと。
 自身を形成する自身以外の要素――しがらみのようなそれらをとっぱらって、無視をして、今互いに向き合うここは、お互いにありのままの自分でしかないのだと。
 そんな本心同士で語ろうと、分かり合おうと、フルーリーは手を差し伸べたのだ。
 そうまでしながらフルーリーは自分の至らなさを嘆きたくもなる。
 みっともないと自嘲したい気持ちを押し込める。
 対等で会話したいと思いながら、これだけ自身に嘘をつき、グラトニーに暴力を行使し、押しつけがましく迫り、手を差し伸べる自身のどこに、エンヴィーとの対等性が保証されるというのか。
 だが、一方でこうも思う。
 お互いが対話の意志を示すために、対話の場へ誘い、相手がのるかそるかがわからずとも自ら出向くことは、必要なことではないかと。
 これまでのフルーリーの人生――、そこに嘘がなかったといえばそれこそ嘘になる。
 欺瞞や虚構や傲慢や虚栄や見栄や偽証や。
 あらゆる真実でないことを聞きながら、自身もそれらを使って言葉を交わし、互いが許容できる自身に少しでも有利な接点を窺い、探り、求めてきたのだ。
 迷いがなかったわけではない。
 むしろ、迷ってばかりだ。
 自身の正当性、自国の在り方。
 それが少しでも良くなれば、どこかにそのしわ寄せがいくことだってわかっていたのだし。
 この世の中は幸せにさえ質量保存の法則が働いている。
 誰かが多く口にしたパンのせいで、多くの誰かがパンを食べれないように。
 利便性を満たした先にあるのは、さらなる利便性の構築であるように。
 数秒前の幸せが、あっというまに当たり前になり下がるように。
 だからフルーリーは思うのだ。
 そんな当たり前などまっぴらごめんだ――と。
 けれども当然にしてそんなのは理想に過ぎないとも。
 いいだろう。
 私がお花畑で夢見るように見えるというのなら、それもいい。
 けれども、私の立ち位置がお花畑に見える、彼らを彼らが言うお花畑に招待すれば、そこに馴染んでしまえれば、きっとそれが彼らにとっても、当たり前になり下がるに違いない。
 幸せの青い鳥は自分の家にいたのかもしれない。
 けれども、考えて求めてさまよってたどり着いたその場所が、一周して元の場所だったのだとしても、きっとそれまでに得た経験や、体験や、知識といったものは、それからも糧になるだろうし、だからこそ気付くことができたのだろうともいえる。
 なら、幸せのある自分の家とはどこを意味するのだろうか。
 そんな家を作りたい。
 自分の家なのだといわせたい。
 まずはこの国に住まう人たちから――なら、今ここにいる人たちから。
 幸せを見つけ出して、常に幸せを探して、すぐにそのことに気が付ける――。
 すべては理想が為に。
 すべてが理想固めに。
 固まった理想はすでに理想ではなく、それは現実。
 だから、フルーリーには自分が手を差し伸べることを、譲ることができない。
 誰かが誰かの手を取って。
 誰かの笑顔が誰かを笑顔にして。
 世界中の人々が数珠つなぎになれるそんな一瞬を夢見るからこそ。
 フルーリーは手を差し伸べずにはいられない。
 対等であろうと望むのは対等でないからだということを当然フルーリーはわかっているし、この世の中が平等なんかではないこともわかっているし、その必然性にも似たものも理解している。
 それでもと。
 だからこそと。
 数珠つなぎに皆がなったそのときに、皆で一斉にそのことを祝福して歓声を上げるその時ばかりは、世界の皆が幸せを享受できるのではないかと。
 そんなあり得ない夢物語のような理想こそが、幸せの質量保存の法則なるものを打破できるのではないかと。
 なるほど、それはお花畑で夢見る少女そのものなのかもしれないが――、こうして実演して見せようじゃないかと。少なくとも自分は知っている。
 夢見るばかりで、お花畑にとじこもっているわけではないのだと。
 だからフルーリーはほほえみかけながら、白魚のような指で誘う。
「一緒に――生きませんか?」

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://hyosayblog.blog.fc2.com/tb.php/468-155d8e94



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。