FC2ブログ
少しでも前へっ!
足踏みのような歩幅でも、少しでも前進できればと思って、書き続けています。※リンクフリーです♪連絡いただけましたら喜んで相互させていただきます。
FC2プロフ



最新記事



カテゴリ



最新コメント



最新トラックバック



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ご訪問者数



☆ブログランキング☆
★参加していますっ★



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



極小の中にあふれる無限77(完)

 グラトニーが目を覚ましてちょうど半年がたったその日に、フルーリーは最後の王族として、政治を民主制へと移行させた。
 フルーリーからこの国の代表者を受け継いだ――、民主制となったこの国で最初の首相として座に就いたのは、彼女もよく知る初老の政治家であった。
 首相を選出する際には選挙で決められた。とはいえ、王政であったとはいえ、この国にも選挙制度はあったので、そう真新しいことではなかった。
 ただ、どうしても関係者たちが――ひいては国民たちが、苦笑を浮かべてしまったのは、その男性の記名投票数よりも、圧倒的にフルーリーの名前の方が――無効投票である――多かったということだろうか。
 いくら彼女が最後の王族であり、この国の国民たちにとって親しみのある顔だとは言っても、まだ彼女は選挙に出馬するだけの年齢には達していなかったし、だから当然にして立候補できるわけもなく、するつもりもなく、その日を境に彼女は政治の舞台からは、少なくとも当面は姿を消すつもりでいた。
 ――とはいえ。
 そう簡単に、表舞台から消えられれば苦労はしない。
 彼女は下手なアイドルよりも人気があったのだ。
 今となって、王族という肩書きがなくなっただけ――、例えば不敬罪などが適用されることもなく、これまで以上に、あえて表現すれば、なれなれしい、不遜に接しても、ごく一般人に対するものと変わらないものとなったことになる。
 純粋に、彼女を一人の市民として――あるいは、芸能人やそれこそアイドルのようにして、より身近な存在として感じられると喜ぶ者たちもいれば、損得勘定で電卓をたたき始める者たちもいた。
 ようするに、良いも悪いも含めて、雑多に、彼女を欲する声が上がったのだ。
 新政府としてもいらぬ混乱を、また、他国への示しもあるため、彼女の身の安全を保障するつもりではいたが、――結果的にはそれらはすべて無駄に終わってしまった。
 なぜなら、そうやって様々な思惑から、フルーリーは文字通り煙のように、表舞台から姿を消してしまったからだった。
 しかし、そう大きな混乱には至らなかった。
 ファンベルン准将が手にした文面と、彼が再生した動画に、フルーリーから国民へあてたメッセージが残されていたからだ。
 そこには、きちんとした形であいさつができないことを心苦しく思います。という言葉から始まり、本題として彼女の夢がつづられていた。
 この世のすべての人が文字通り手をつなぎあえる日を目指して。
 旅をしてくる。
 そうつづられていた。
 来年の父の命日に再び帰ってくることを約束して、彼女のメッセージは終わっていた。
 追伸。
 腕利きの護衛をつけておりますので、どうか皆さまご安心ください。
 皆さまのサンライズより、愛を込めて。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://hyosayblog.blog.fc2.com/tb.php/526-e6f23a13



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。